イギリスの薪ストーブ アラダには英国の誇りが詰まっています

「英国の誇り」、一言でいえばそれがアラダの薪ストーブです。誇りといっても単なる外見上の見栄等ではなく、自分達の生活全てにおけるプライドのようなものと理解していただければいいかと思います。アラダの薪ストーブもその1つです。単に暖を取るだけの道具ではなくその存在そのものが、また、斧を手にしての薪割りや、割られた薪が整然と並べられている姿、休日に行うアラダのメンテンンスまでもが、自分のライフスタイルに誇りを持っている英国人の生活の一部となっています。そして、その先にあるのがアラダにくべられた薪の炎を眺めながらの至極の時間です。

 

そんな英国の誇りともいうべきアラダのストーブには生産段階から頑固なまでのこだわりが見てとれます。デザインから製造まで一貫して100%イギリス国内で行われており、徹底した品質管理がなされています。そこにはただ単にスチールや鉄でできた箱ではなく、人生をともにしていく何者にも代えがたいものであれとの想いが込められていています。アラダの薪ストーブの特徴の1つは、その無駄をそぎ落とした端正で無垢ないでたちにありますが、ひとたび薪をくべればそこに現れる炎の美しさは見る者を引き込むような不思議な存在となります。そこにいる人の視線が炎に集まることでしょう。また、ガラスの上下のレバーをスライドさせることで空気の量を調整し、あとは薪の量で炎をコントロールするというシンプルな操作もその特徴の1つです。そして、生活の一部と位置付けられるメンテナンスも至って簡単で、工具無しでも内部のパーツを交換することができるようになっています。まさに、人生の伴侶として末永くストーブライフをお愉しみいたくためのものとなっています。

 

 アラダの薪ストーブは、3つのタイプに分かれています。

Ecoburn Plus 7

最も小さな「Ecoburn Plus 7」は、省スペース型のコンパクトモデルとなっています。

横幅465ミリの小さなボディーサイズですが、350ミリの薪をくべることが可能で、エアウォッシュシステム、フレキシフュールシステム、二次燃焼構造、レベル調整脚などの機能も備わっています。1~2部屋程度のスペースならば十分な暖をとることができます。。

 

燃焼方式・性能
燃焼形式 輻射熱式
最小出力KW(kcal) 1.5(1,290)
定格出力KW(kcal) 6.1(5,246)
最大出力KW(kcal) 9.0(7,740)
暖房面積㎡(畳) 約9~53(5~32)
燃焼効率% 72.1
使用燃料
最大薪長mm 350
煙突径[上部/後部]mm 127
材質・寸法・重量・価格
材質 スチール・鋳鉄
幅mm 465
奥行mm 400
高さmm 921
重量kg 83
本体価格(税抜)円 270,000

Ecoburn Plus 9

次に「Ecoburn Plus 9」は、少し大きくな中型モデルとなります。椅子に座った際にちょうど炎に視線がいくように炉床の高さが設計されているのが特徴で、設置場所によって背面か上部か煙突を出す位置を選ぶことも可能です。

燃焼方式・性能
燃焼形式 輻射熱式
最小出力KW(kcal) 2.0(1,720)
定格出力KW(kcal) 8.8(7,568)
最大出力KW(kcal) 11.0(9,460)
暖房面積㎡(畳) 約12~64(7~39)
燃焼効率% 71.6
使用燃料
最大薪長mm 380
煙突径[上部/後部]mm 127
材質・寸法・重量・価格
材質 スチール・鋳鉄
幅mm 541
奥行mm 400
高さmm 986
重量kg 94
本体価格(税抜)円 310,000

Ecoburn Plus 11

最後に最も大きな「Ecoburn Plus 11」ですが、幅625ミリ、高さ1024ミリのフォルムは存在

感抜群で、ワイドなガラス越しに見える炎はまさに圧巻で、見る者を魅了し続けます。また、平らなトッププレートでは調理も可能となっていて、ここでもアラダの薪ストーブが生活の一部となってくれます。

燃焼方式・性能
燃焼形式 輻射熱式
最小出力KW(kcal) 2.5(2,150)
定格出力KW(kcal) 11(9,460)
最大出力KW(kcal) 14.0(12,040)
暖房面積㎡(畳) 約15~82(9~50)
燃焼効率% 74.7
使用燃料
最大薪長mm 500
煙突径[上部/後部]mm 127
材質・寸法・重量・価格
材質 スチール・鋳鉄
幅mm 625
奥行mm 420
高さmm 1024
重量kg 113
本体価格(税抜)円 350,000

生活の中心にアラダの薪ストーブがあって、そこに人が集い、そして時に無言で語らう。そこには、知恵と誇りと静かな情熱が宿っています。

関連記事