サウナの入り方について

サウナをしっかり楽しむためには、正しい入り方をする必要があります。

間違った方法で入ってしまうと、体を疲れさせてしまったり、気分が悪くなってしまう可能性があります。

サウナで失敗しないためにも、正しく入浴して体をリラックスさせましょう。

水分をしっかりとっておく

サウナに入ると、サウナの発汗作用により体の水分が失われます。

あまり水分を摂らずに入浴すると、脱水を起こして気分が悪くなってしまったり、湯あたりしてしまう可能性があります。

サウナ室に入る前には必ず水分補給を行うようにしましょう。

しかし、食事を摂った直後や、飲酒した後などは逆効果になります。

食事の後は2時間ほど時間をあけてから入浴するのが好ましいでしょう。

また、アルコールを摂取したあとにサウナに入ると、いつも以上に血流がよくなるため酔いが回りやすくなってしまいます。

サウナ室で体調を崩さないためにも、飲酒後のサウナは控えるようにしましょう。

サウナ室で発汗させる

適度な水分を摂り、準備が出来たらサウナ室に入りましょう。

サウナ室では、汗がじんわり滲んでここちよいくらいがちょうどよいです。

ダイエット目的などで長時間居座ることは、かえって体を疲労させてしまうことにもなりますので、注意しましょう。

発汗するまでには個人差がありますが、基本的には15分~30分程度がベストです。

自分の体調と相談しながら、無理のない範囲で汗を流すようにしましょう。

また、低温の場所で長時間入るよりは、高温の場所で短時間の入浴の方が体への負担が少ないといわれています。

水分を摂り、体を休める

サウナに入るときには休憩をはさみながら汗を流すようにしましょう。

サウナで汗をかいた後には水分を摂り、露天があれば外気浴や、ベンチなどで熱を冷まします。

長時間連続してサウナに入ることは、体を疲労させてしまったり、湯あたりしてしまう原因になるため注意が必要です。

反復浴をする

水風呂があれば、サウナと水風呂の反復浴をするのが理想です。

反復浴をすることで、血管が刺激され冷え症や浮腫みの改善を促します。

更に、毛穴から汚れや汗を排出したあとに水風呂に浸かることで毛穴を引き締める効果が期待できます。

水風呂は、17℃前後が入りやすく理想です。

しかし、体が冷え切るまで入ることは避けた方が良いでしょう。

また、サウナに入ったすぐ後に湯に浸かることは心臓への負担になるためやめましょう。

 

関連記事